風邪 頭痛 熱なし 原因

熱なしの風邪で頭痛がひどい原因と対処法

スポンサーリンク

風邪を引いてかなり頭痛がするけれど、熱なしだから放っておいても大丈夫でしょうか。
確かに熱がない時、あるいは微熱程度の時は、それほど心配しなくてもいいと考えがちですが、実はこのような場合も注意が必要です。
なぜかといいますと、元々風邪で熱が出るのは、体温を上げてウイルスを死滅させる働きがあるからなのですが、それができないため、かなり長引くことになりがちなのです。
特に頭痛がひどく、熱なしの場合は、平均体温が低いことが考えられます。
特に平熱が35度に届かない場合は、低体温と呼ばれます。
低体温の人は元々の体質以外にも、たとえばストレスなどが原因で自律神経失調となり、それがもとで血行が妨げられていて、平均体温の低さにつながっていることもあります。
それから、オフィスワークが多く、常にエアコンが効いた中にいると、新陳代謝が鈍り、低体温になってしまうこともあります。
ですから、まず自分の平均体温を把握するようにしましょう。
起床後すぐに、わきの下で検温するのがお勧めです。

スポンサーリンク

特に体温は、筋肉が少ないと下がる傾向にあります。
ですから、軽い運動を毎日続けるようにして、筋肉をある程度つけるようにしましょう。
抵抗力もつくので一石二鳥です。
また特に女性の場合は冷えやすいので、冷房が効いた中では服装に気を付け、ひざ掛けなどを用いる、あるいはお風呂をシャワーだけですまさず、きちんと浴槽につかるなどして、体を温めるようにしましょう。
また、熱なしの風邪で頭痛がひどい時には、他の病気が原因している可能性も考えられます。
特に副鼻腔炎の場合は、鼻水や頭痛などの症状がひどいので、風邪と勘違いしがちですが、鼻腔内部が腫れたり、目や額の辺りが痛んだりと、明らかに違う症状もあります。
この場合には、すぐに耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。
それから、花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎も、鼻づまりやくしゃみ、倦怠感が起こります。
特にこの場合のくしゃみは立て続けに起こり、目や皮膚のかゆみも現れるうえに、長期間続くので、風邪とは明らかに違います。
この時も耳鼻咽喉科かアレルギー外来に行くようにしましょう。

スポンサーリンク