群発頭痛 飛行機 原因 対処方法

群発頭痛の原因と対処方法、飛行機は発作の誘発因子となります

スポンサーリンク

群発頭痛とは、片方の眼窩周辺から前頭部、側頭部にかけて短時間の激しい痛みが生じる頭痛であり、その痛みは火箸で目を突き刺されるような痛みと喩えられるほどの激痛となります。
そのような激痛が数週間から数か月の間、群発的に出現するというのが群発頭痛の特徴であり、夜間や睡眠中に頭痛の発作が起こりやすいというのも特徴です。
 群発頭痛の患者さんは、女性よりも圧倒的に男性の患者さんが多く、その男女比は10:1程度となっています。
群発頭痛の群発期には、飲酒など脳の血管が拡張するようなことをすると、100%頭痛の発作が起こります。
ゆえに、医師からは、群発期にはアルコールを飲まないように指導がなされます。
 群発頭痛は、前述しましたように血管が広がることが原因となりますので、飛行機での移動も注意が必要な群発頭痛の誘発因子となります。
飛行機内の気圧はやや低くなっていますので、体の抑えが緩くなることが原因で、血管が広がりやすい環境となっているからです。

スポンサーリンク

 飛行機の機内は、約0.8気圧程度となっています。
群発期には飛行機での移動は避けるというのがベストなのですが、どうしても移動手段として飛行機を使わなければいけないという場合の対処方法については、飛行機の機内で提供される飲み物サービスを賢く利用するという対処方法が挙げられます。
具体的には、広がった血管を縮める作用のあるコーヒーや紅茶を選ぶということが対処方法となります。
 最近では、群発頭痛の対処方法として、ご自分でトリプタン系製剤の皮下注射を打つという対処方法があります。
飛行機の中で頭痛が起こりはじめたらトイレに行って、太ももにご自身で注射を打つことによって、わずか5分程度で激痛が解消されるという対処方法となります。
数秒間ボタンを押すだけで自動的に皮下に薬液が注入されるという仕組みなので、素人でも簡単に注射することができます。
 群発頭痛の原因となる血管拡張を抑える飲み物については、濃い緑茶を飲むというのも有効な対処方法となります。
緑茶には、コーヒーや紅茶の含まれるカフェインに似た血管収縮物質が含まれているからです。
 慢性頭痛の中でも、片頭痛と群発頭痛は遺伝因子が原因の可能性があり、緊張型頭痛の場合には、遺伝因子が原因というよりは環境因子が大きな原因となっています。
環境因子が原因の場合にはできる限り誘発因子をとり除くということで頭痛のリスクを軽減させることができます。

スポンサーリンク